ありふれた日常の愛しいモノタチ

dayofdays.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 07日

旅するように暮らしたい

f0104829_13561336.jpg




先日、友人とお茶しました。
その友人も、東京生まれ、東京育ち。


「意外とさ、東京を色々見てみようって思わないよね。なんとなく。
だから逆に、大学や社会人になって東京に出てきている友達の方が、色んなところを知っているよね。
そして、愉しんでいるよね。うらやましいよね。」

なんてことをとりとめもなく話していました。


話題は卒業旅行の話になり、フロリダ楽しかったね、NYサイコーだったね、と言う話をしていたらフト、
その瞬間まるで海外のどこか知らない街にいる感覚になりました。

卒業旅行の想い出と感覚がリンクしたのかもしれませんが。

友人と二人で、軽く興奮し、

「これだこれだ!この感覚だよ!
あぁ、この感覚をいつも味わっていたいね。
多分さ、私たちがシゴトとか、大学で京都に一人暮らしをすることになっていたとしたら、もっとこまめに住んでいる街を探索するよね。
愉しむよね。
味わうよね。

私たちに欠けているのはそれだよ!それ!!

つまり、旅するように、暮らすってことだ。」


このことについては、この時以外も時々考えていました。

旅行に行くと、何でも楽しめる。
渋滞も、お店がしまっていたことも、トラブルさえも。

「あはは、いいお土産話ができたよ」と、笑い飛ばせる。むしろ愉しめる。

何もかもが新鮮で、いつも真っ白な気持ちで接することができる。

普段の生活でもそんな風に、生きられたらいいんじゃないかな?!
そう思ってました。

しかも結局、人生なんていつ終わるか分からなくて、そういう意味では、私たちはみんな地球に遊びに来ているタビビトとも考えられるわけで。

だったら、なおさら、海外旅行の時のように、毎日暮らしたいよなぁ。

そんな風に考えていました。

それがこの日、友達と話していてふわりとつながったのでした。

旅するように、暮らしたい。
[PR]

by sinfoo | 2006-05-07 02:25


<< 美しいものは 時々 少しせつない      世界が虹色にみえていた頃 >>