ありふれた日常の愛しいモノタチ

dayofdays.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 17日

命の温度

f0104829_1473444.jpg






小鳥が好きで、物心付いた時からずっと、そばに小鳥がいました。

逆かもしれません。

物心付いた時(現実には物心付く前、もっと正確には生まれる前から!?)鳥を飼っていた(らしい)ので、
いつもそばにいたから、好きになったのかもしれません。

とにかく、いつも鳥がいます。

鳥は、体温が人間よりも、5度近く高いのです。

(だから保温に気をつけないといけない。)

手の上にのったり、肩にいるとき、ほんのり、小鳥さんの温かさが、伝わってきます。

「生きているんだなぁ。命だなぁ」と、感じてしまいます。

今は私の部屋に、小鳥はいるわけで、寝る時ふと、幕をかけたカゴを見ると、
不思議な気持ちになります。

「この部屋には今、私一人ではないのだ・・・。
生き物は、一人と一羽、いるのだ・・・」と。

それを感じると、ほわっと心があったかくなって、仕事が忙しいーグエェー!!
という時でも、ふっと、ニュートラルな気持ちになれます。


さらに今、私の部屋にはいただいたお花がたくさん飾ってあるのですが、(先日誕生日だったので)
つぼみだった花が、今朝かわいらしく、咲き始めていて、
「おぉ、ここにも命があった。(温度は感じないけれどなんとなく気持ち、)温かさを感じる。命を感じるなぁ・・・」

と、思いました。


命の温度に、人は無条件に癒されるものなのかも知れませんね。
だから、握手したり、Hugしたり、腕を組んだり、すると、余計親密になるのかも。
[PR]

by sinfoo | 2006-05-17 01:56


<< Letter      Be myself >>